みなさん、こんにちは!
エンドウ(@endou_bio)です。
コロナウィルスが大流行していますね・・
ウィルスを防ぐためには予防が最も大事です。
今回はウィルスに負けないためにどういった食事を取ればいいのかを説明したいと思います!

なぜ食事が大事なのか?

食事が体に及ぼす影響とは?
身体を作るのも心を作るのも私たちが食べたり飲んだりした物です☆
それは子供の頃より聞いた事が有るのでは無いでしょうか?
心身共に強くなる為に食事は大事です!
勿論それ以外の要素も有りますが、本日は
今この時に氣を付けて行きたい食事のお話をさせて頂きます。

間違った栄養学とは?

戦後よりアメリカからの西洋式の食文化が盛んになって来ていますが

果たして西洋式の食事が日本人の身体に合っているのでしょうか?

考え方はそれぞれですので一概にダメとは言えませんが…

昔の日本人は玄米のおにぎりを食べて何十キロという距離、人力車を走らせていたのですが
それを見た外国人
お肉を食べさせるともっと力が出るはずだと、お肉を沢山食べさせたそうです

するとどうでしょう?

瞬発的な力は出ますが、長距離はバテて走れなくなったそうです

一概にこの食事法が良いと言えない中には、1人1人個性がある様に体質も違います。
そうすると
その人が必要とする栄養素も違って来ますよね?
更にざっくりと分けるならば

栄養補給型の食事の合っている人と
解毒型の食事が合っている人に分けられます。

ただ、多くの方はやはり昔からの和食の合っている人が多い様に感じています。

食べてはいけない食事とは?

精製された白い食べ物
ここではほぼ全員に言える身体にとって良くないと感じる物のお話です

そう、精製された白い食べ物のお話!!

まず砂糖
これ、甘い誘惑です。
甘党の方が多いので少しお話ためらってしまいますが…

特に身体を守りたいこの時期に
白砂糖は辞めて欲しいと感じております。
白砂糖を血液に垂らすと赤血球を溶かすという性質が有ります。

という事は身体への影響は想像つきますよね?
細胞を弱らせ、身体を酸性に傾け、冷やし、老化も早めます。
冷えると言う事は免疫力の低下にも繋がります。
メンタルにも影響があり
イライラし易くなったり情緒不安定になったり
多くの発達障害と言われている子供達、じっと出来ない、落ち着きがない、癇癪を起こすなど
砂糖を全て辞めるだけで起きなくなる事例は少なく有りません。
更に肝臓や胃や脾臓も甘い物は嫌いです
臓器を弱らせます

砂糖を身体に入れると、先ずは糖反射がおきます
胃腸の動きが止まってしまう事です。
そうすると消化にも良くないですね!

精製された白い物の中に精製塩という物も有ります。
スーパーで売られている安いお塩、殆どの物が栄養分豊富な海塩からのお塩では無く、人工的に精製された栄養の無い塩化ナトリウムと言う物です。
人工的に作られた食塩こそが血圧を上げて不健康にしてしまう物です

海塩で血圧は上がりません

それどころか身体に必要なミネラル分が含まれています。
良いお塩は積極的に摂取する事により、体内のミネラルバランスを整えて細胞に活力を与えます。

朝起き抜けの水と海塩なんてオススメですよ☆

白い小麦も控えた方が良いと思っております。
小麦が白いのは精製されているからです。
栄養のある殻の部分は取り除かれている状態ですね。

小麦は身体を冷やす食べ物に入りますし、現代で多くの小麦は改良され、グルテンを多く含みます。

グルテンは腸壁に張り付き、腸に炎症を起こします。
腸が不調であると言う事は身体全体にとってもメンタル面にとっても良い事では有りませんよ。

どうしても小麦が食べたい時は精製されていない全粒粉の物や、古代小麦が良いでしょう。

南部全粒地粉500g(準強力粉)★有機JAS(無添加・無農薬)★オーガニック小麦粉★国内産100%(岩手県)★タンパク質9.32%

自然界にない添加物
現代の日本の認可された添加物の数は1500種類以上で、世界で一番多いのです。

昔は日本の食べ物は安全と言う認識があり、今でもそう思っている方も多いのでは無いでしょうか?

残念ながら今では日本の食品の危険度は世界トップクラスです

農薬も世界一になってしまいました…

添加物とは科学を加えた物ですが

元々自然の物が口にしていた物では有りません。
科学で出来た物は身体に悪影響を及ぼす物が多いです

例えば科学調味料のグルタミン酸ナトリウム
食品の表示では「アミノ酸等」との記載が有りますが…

これは野犬狩りにも使われた添加物で、たちが悪い事に美味しいんです!!

野犬狩りにはどうやって使われたかですが、肉にすり込んで仕掛けておいて野犬に食べさせます。
すると野犬の嗅覚や聴覚は狂い、捕まえ易くなると言うお話です。
中華料理症候群で神経がおかしくなったのも、グルタミン酸ナトリウムを中華料理に入れすぎて、食べ過ぎたからですね。

とりあえずグルタミン酸ナトリウムのお話だけにしておきますが(長くなるので)
科学で作られた添加物には危険がいっぱい。

現代でアレルギーや癌や奇病が増えたのはうなずける結果です

添加物を身体に入れ続ける事により病氣になりやすいのです

重要な食品の中に油と言う物が有ります
身体のどこにでも油分は有りますので、必要な物では有りますが

いつも使ってるその油、大丈夫な物ですか?
何から出来た油ですか?

多くの油はロスを少なくして沢山の油を抽出するために高温で添加物を利用して絞ります。
中には成分が工業用油と変わらない物やシリコンの含まれた物まで有ります。

悪い油は身体に炎症を起こしますので浮腫んだりアレルギーになり易くしてしまいます。
(油の詳しいお話もまた今度!)

油は原材料の解る圧搾製法(コールドプレス製法)で作られた物を選び、オメガ6脂肪酸よりもオメガ3不飽和脂肪酸を意識しましょう。

先ずは今この時期からでも見直してみませんか?

食べたほうがいい食事とは?

今はまだ寒い時期ですので身体を温める食材がオススメです☆
自然界と言う物は上手く出来ており、寒い季節の旬の食材は身体を温める物が多いです。
今の時期だと根菜類ですね
体温が上がると病氣になりにくくなるのは皆さんご存知ですよね?

これからは山菜類も出てくる頃でしょうか?
山菜類は春に活発になってくる肝臓の働きを助けます。冬の間身体に溜まった老廃物や毒素を流すのです!

生姜、ネギ、ニラもオススメです!
生姜はキツいので食べ過ぎるとしんどくなりますから、身体の様子を見ながら食べると良いでしょう。

日本のスーパーフード
梅干し

梅干しは殺菌効果が高く、身体をアルカリに持って行きます(身体は中庸が理想ですが…酸性に傾いた身体には良い)
細胞に活力を与え、カルシウムの吸収を助けます。
胃腸の調子も整えてくれますよ☆

梅干しを選ぶ時も天然塩で作られた添加物の入っていない物を選びましょう。

この時期、毎日1〜2個は梅干し食べたいです

更に疲れたり不調を感じた時は梅肉エキスもオススメです

(身体を締まらせる栄養素ですので締まり過ぎている方には合いません)

 

結論

精製された白い食べ物は体を弱らせる
添加物を避ける

今は身体を冷やさない食べ物を食べる事
旬の食材がオススメ!